現代社会において、就職・採用試験の時に有利な資格とは、一体どのような資格なのでしょうか。今回は、一般企業などで幅広く活用出来る資格として、「ビジネス実務法務検定」についてご紹介したいと思います。ビジネス実務法務検定は、その名の通り、ビジネスにおける法令遵守能力を問う試験です。もっと手軽に説明しますと、会社というのは人や団体など、様々な関係が複雑に絡んでいる組織になりますよ。その組織内で起こったトラブルなどから会社を法律で守る役目を担うために必要な知識の有無を検定する試験が、ビジネス実務法務検定なのです。分類(あくまでも人間による人間の都合に合わせたものともいえるかもしれません)としては弁護士や行政書士のようなものですが、国家資格(税理士や行政書士など、その国家資格の試験に合格しなくても、他の国家資格に合格するなどすれね、取得できる国家資格もあります)ではなく商工会議所によって創設された民間資格(取得するのに高額な費用が必要になることも多いので、取得の際には慎重に検討すべきでしょう)になります。法学部に通っている学生で、一般企業の法務部に就職したいと考えているならば、絶対的に有利な資格になるでしょう。1998年に創設されたばかりなので、まだまだ歴史の浅い資格でありますが、徐々に需要が高まっている資格です。企業に就職した際にどのような仕事内容になるかといいますと、法律を駆使し、企業の不正や不祥事を未然に防ぐためのリスク管理を行うというような仕事が主になるのです。やはり、法律の知識を身につけている方は、企業でも人材価値が高く、重宝されます。就職時だけでなく、異動の際にこのビジネス実務法務検定を能力評価の参考にしている企業もあるそうです。サラリーマン(民間企業に雇われている役員以外の人を指すことが多いです)にとって必須というわけではありませんが、持っていて損のない資格でしょう。就職や転職、スキル(磨くという表現があるように、努力が必要になります)アップなどを考えている方には、おすすめの資格の一つですねー